新宿、銀座、小田原の
相続税専門税理士

受付時間 平日 9:00~20:00 / 土曜 9:00~17:00

記事一覧

遺言書の作成費用とメリット・デメリットを種類別に比較

遺言書に関心があるけど、ちゃんとしたものを作る場合、費用はいくらくらいかかるのだろう?と心配な方のための記事です。主な形式の遺言書作成にかかる費用とそれぞれが持つメリット・デメリットを解説しました。これから遺言書を作成される方に必要な情報を集めましたので、ぜひ、早めにお読みください。

105

遺産相続で印鑑証明書が必要な理由を解説 | 他の相続人が提出しない時の対応も

この記事は遺産相続の手続きで必要になる印鑑証明書について解説しています。なぜ、遺産相続手続きで印鑑証明書が必要になるのか、他の相続人が印鑑証明書を提出してくれないときはどのように対処したらよいのか?まで、相続専門の税理士事務所の監修で解説しました。読めば、相続手続きが初めての方にも、相続手続きで必要な印鑑証明書の知識が身につきます。

523

相続税の配偶者控除手続き方法と損な使い方で生じるデメリットを解説

相続税の申告で配偶者控除を使おうと考えている方は必見です。この記事では、配偶者の相続税負担を大きく軽減する配偶者控除の手続きと、適用にあたっての注意点を解説しています。実は配偶者控除の使い方によっては相続全体での税金の額が重くなってしまうことがあるのです。年間200件以上の相続時申告・コンサルティング実績を持つ相続専門の税理士が、相続税と配偶者控除で失敗しない方法をわかりやすく解説します。

225

【第8回】中小企業の事業承継・民事信託を利用した株式引き継ぎ(1)自己信託のメリット・デメリット

この記事では中小企業の事業承継に民事信託を活用する方法を解説しています。事業承継の円滑な進め方で悩んでいませんか?事業承継をトラブルなく進めるためには、ちょっとした専門知識を知っているかいないかの違いが大きいです。2年で250件以上の相続を申告した経験を持つ税理士事務所が、中小企業の事業承継で使える民事信託の活用法をお伝えします。

189

遺産分割協議書の正しい押印方法とは?契印・割印・捨印の箇所を解説

この記事では、遺産相続分割協議書に押す印鑑について解説しています。遺産分割協議書への押印方法で悩んでいませんか?実は契約書や協議書など重要な書類に押す印の場所や押し方にはセオリーがあります。割印・契印などルール通りに押印すれば改ざんなどの不正やトラブルを防ぐことができます。この記事を読めば、相続専門の税理士の実践する遺産分割協議書への押印方法がわかります。

2488

遺産分割協議書の作り方完全マニュアル【税理士監修】

遺産分割協議書の書き方でお悩みの方は必見!この記事では誰にでもわかりやすく遺産分割協議書の書き方を解説しています。実は遺産分割協議書の作成は義務ではありません。しかし作成すれば遺産相続の手続きはスムーズに進みます。この記事を読めば、円滑な相続手続きに役立つ遺産分割協議書の作り方がわかります。

1630

小規模宅地等の特例を使った相続税の減額事例と計算方法を解説

適用できると対象の土地の税金を80%減額できる小規模宅地等の特例。該当する土地の種別は4種類。土地種類ごとに減額割合は異なります。この記事では土地種類と相続人の人数・状況によって変わる控除額を、各ケースごとに事例を挙げて計算方法を解説します。また土地用途が複数種類にまたがる場合は別の計算式が適用されます。土地種別が複数の場合の計算事例も紹介しています。小規模宅地等の特例による減額の計算事例を理解したい方は、ご一読ください。

999

タワマン節税の仕組み・メリット・デメリットを相続専門税理士が解説

タワーマンションを購入して節税する仕組みを相続専門税理士が解説。
タワマン節税は不動産評価額の違いを活用するものです。安易に飛びつくとリスクがあり、全面的におすすめできる節税方法ではないです。しかし全く効果がないとも言えません。タワマン節税のメリット・デメリット・リスクを解説するので参考にしてください。

703

小規模宅地の特例適用で必要な添付書類と手続きのまとめ

相続税が80%減額できる「小規模宅地等の特例」の手続きで必要になる書類と手続き方法をまとめました。順番に各書類の詳細と手続方法を解説します。特例を適用するときのガイドとしてご活用ください。ダウンロード可能なPDF形式の必要書類チェックリストもご用意しました。

2324

小規模宅地等の特例は老人ホーム入居でも使える|相続専門税理士法人が解説

小規模宅地等の特例を、被相続人が老人ホームに転居した後の自宅に適用するためのポイントを解説しました。大事なことは、転居後の自宅の使い方と転居先の老人ホームのタイプおよび要介護認定・要支援認定の有無です。記事内でわかりやすく解説しています。

521

【第5回】中小企業の事業承継・株式引継ぎと事業承継税制(1)特例措置

中小企業の事業承継の大きな課題、自社株式の引き継ぎを進めるためには多くの資金を必要とします。しかし資金不足が原因で承継がうまくいかず廃業するケースもありました。こうした望ましくない状況を打開するために始まった贈与税・相続税の納税猶予及び免除の特例」通称「事業承継税制」を解説します。

421

相続税を最大80%減額可!小規模宅地等の特例を相続専門税理士が解説

小規模宅地等の特例について、相続税申告を1,000件以上手掛けた税理士がわかりやすく解説します。小規模宅地等の特例は対象となる宅地種類が4種。特例を適用して、相続税を減額するには、要件を知り、要件を満たす必要があります。理解がむずかしい制度のなりたちから、手続方法までかみ砕いてお伝えします。

826

準確定申告とは

準確定申告は、相続の時に行う確定申告です。

通常の確定申告よりも多くの書類を必要としたり、申告期限が異なっていたりするので注意が必要です。

何度も経験することではないので「やったことがないから心配」「何から始めればいいのか分からない」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、税金・相続のプロである相続専門の税理士が監修して準確定申告が必要になるケースや手続きの流れ、および注意点を詳しくお伝えします。

分かりやすく解説しますのでぜひ最後まで読んでください。

3631

遺産を孫に相続させるには?5つの実践方法と相続できる割合を解説

この記事では孫に遺産相続する方法を5つご紹介しています。孫に遺産を相続させたいけど、やり方がわからないとお悩みではありませんか?確かに子どもが存命の場合は孫は相続人にはなりません。しかしある方法を使えば孫に財産を渡せるのです。相続専門の税理士事務所の知見を余すことなくお伝えします。ぜひお読みください。

5470

家なき子特例って?小規模宅地の特例で相続税を節税する方法を解説

この記事は家なき子特例を解説しています。家なき子特例という法律上の正式な名称があるわけではありません。家なき子特例は、小規模宅地等の特例のあるケースを指します。

家なき子特例は所有する住宅に居住していないなど一定の要件を満たす相続人が宅地を相続する場合に適用される特例で、適用できると相続税を大幅に減額できます。

家なき子特例を適用するための要件や注意事項を詳しく解説しましたので、相続が始まった方、相続について勉強したい方はすぐにお読みください。

4692

相続税で失敗したくない人が相続不動産の評価を不動産鑑定士に依頼すべき理由とは

この記事では、不動産鑑定士に不動産の評価を依頼する方がよい理由や依頼すべき場面を解説しています。不動産鑑定士に評価依頼をすれば費用がかかります。しかし、相続で財産を受け取る人は、たとえコストがかかったとしても不動産鑑定士に不動産の評価依頼をした方がよい結果になる場合があるのです。その理由を解説します。

2166

相続登記をやらなかったらどうなる?【2021年新制度】相続登記義務化の影響を解説

この記事では2021年民法・不動産登記法改正で義務化された相続登記について、相続専門の税理士が詳しく解説します。相続登記を行うべき理由と実務手順を解説しています。また義務化の理由や背景もわかりやすく説明しました。読めば、不動産登記について全く知識のない人でも概要がつかめます。ぜひ最後までお読みください。

1775

遺言書が持つ効力とは?有効と無効の違いを理解してトラブルのない相続をしよう

遺言書について詳しく知りたい方は必見です。この記事では、遺言書の持つ効力について解説しています。また、遺言書を作るときに注意する点と、遺言書が無効と判定される理由もわかります。遺言書を作成したい方や、親の遺言書が気になる方はぜひお読みください。

5081
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content