新宿、銀座、小田原の
相続税専門税理士

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

カテゴリー一覧 相続放棄申述書

相続放棄申述書の書き方完全マニュアル

相続放棄を考えている方にとって、相続放棄申述書は必ず作成せねばならない書類です。しかし、いざ作成するとなると、どのような手順を踏んで何をどう書けばいいのかわからない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ご安心下さい。今回は相続放棄申述書の作成が初めての方でも問題なく相続放棄を実行できるように相続放棄申述書の書き方をご説明します。また相続放棄申述書の書き方だけでなく、提出方法や準備すべき書類、作成後の流れなど、あらゆる観点から解説しますので、どうぞ最後までしっかりお読みください。 ちなみに相続放棄の概要については「相続放棄の考え方と実行にあたっての留意点」を解説する記事で説明しております。相続放棄そのものについて詳しく知りたい方はこちらもあわせてお読みくだい。 目次 相続放棄申述書とは まず相続放棄申述書とはどんなものか解説します。 前提として、被相続人が亡くなった後、その遺産を受け継ぐかどうかは相続する人が自由に決められます。状況によっては一切の遺産を相続したくない、つまり相続を放棄したい場合もあるでしょう。相続放棄したい場合は、家庭裁判所で「相続放棄の申述(しんじゅつ)」という手続きを取れば、相続放棄できます。 「相続放棄申述書」とは相続放棄の申述手続きを行う際に家庭裁判所に提出する書類です。 相続放棄申述書の書き方 では次に「相続放棄申述書」の書き方を解説します。「相続放棄申述書」はどこで入手してどのようなことを書くものなのか、具体的に見ていきましょう。 相続放棄申述書の取得 「相続放棄申述書」を入手するには以下の2つの方法があります。 ①直接家庭裁判所に行って入手する ②裁判所のホームページからダウンロードする 相続放棄申述書の書式 実際の相続放棄申述書の書式を見てみましょう。記入するページは2ページあり、太枠の中を記入します。 出典:裁判所 相続の放棄の申述書(20歳以上) 裁判所のホームページには、申述書の記入例として、申込人が成人の場合と未成年の場合の2つが掲載されています。 出典:裁判所 相続の放棄の申述書(20歳以上) この記事では20歳以上の成人の場合の記入例を使用し、詳しい書き方を説明していきますね。 申述人の記名押印 最初の太枠欄である、申述人の記名押印欄には次の3つを記入します。 ・管轄の家庭裁判所の名称(申述書を提出する家庭裁判所) ※管轄の裁判所を調べる方法は「相続放棄申述書の提出先」で説明します。 ・作成年月日 ・申述する人の氏名 氏名を記入後、押印します。ハンコは認印で大丈夫です。実印は必要ありません。 添付書類 申述書を提出する際に添付する書類にチェックを入れて合計通数を記入します。 ※添付書類については「相続放棄申述書に必要な書類」で説明します。 申述人・法定代理人等・被相続人 申述人や被相続人の個人情報について記載します。申述のために取得した戸籍謄本に記載されている内容をそのまま書いていきます。 出典:裁判所 相続の放棄の申述書(20歳以上) 申述の趣旨 ここには何も書く必要はありません。あらかじめ相続の放棄をする。と印字されています。 申述の理由 はじめに「※相続の開始を知った日」を記入します。 次に、相続の開始を知った日の根拠理由を1~4の中から選んで〇をつけます。 1.被相続人死亡の当日 2.死亡の通知を受けた日 3.先順位者の相続放棄を知った日 4.その他(     ) 「相続の開始日」とは、申述人にとって相続が始まったことを知った日を指します。申述人が被相続人の配偶者や子供であれば、多くの場合「1. 被相続人死亡の当日」になるでしょう。1以外の2~4についてはわかりにくいかもしれませんね。ケースとして考えられる事例を下表にまとめましたので参考にしてください。 番号 ケース 参考事例 2 死亡の通知を受けた日 疎遠だったため故人の死亡を後から知った場合 3 先順位者の相続放棄を知った日 […]

373