新宿、銀座、小田原の
相続税専門税理士

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

【相続税シミュレーション】相続税がいくらかかるか確認しよう!

「遺産を相続する場合、相続税はどのくらいかかるの?」「相続税の計算の仕方が分からない」
こんなお悩みを持つ方は多いでしょう。
そこでこのページでは、相続人の人数や財産額を入力していただくだけで、相続専門税理士が無料で相続税のシミュレーションを算出し、相続税の概算をお教えします。

相続税を節税するポイントが分かる漫画を無料でプレゼント

シミュレーションをお申込みいただいた方に、相続税の手続きに役立つ漫画のPDFを無料でプレゼントします!

漫画の内容を一部紹介すると・・・

この様な内容を漫画でわかりやすく解説します。

相続税を削減するための3つのポイント​

相続税は、特例の適用や評価の方法によって最終的な納税額が大幅に変わる場合があります。相続税を払い過ぎないためには、特に以下の3点に気をつけましょう。

①特例を適用する
例えば土地を相続した場合に「小規模宅地等の特例」を適用できれば、本来の評価額から最大80%の減額ができます。また、夫婦間で相続するなら「配偶者の税額軽減の特例」を適用すると、1億6千万円までの財産には、配偶者への相続税がかからなくなります。
ただし、この『配偶者の特例』を適用する場合は、二次相続についても考えねばなりません。配偶者への特例を使うことにより、二次相続、つまり子どもの代への相続税が莫大な金額になることもあります。どのように適用したら効果的なのか、特例を適用するための特定の条件がクリアできるかどうか、法令を深く理解して判断する必要があります。

②土地を適切に評価する
不動産を相続する場合、土地の評価額しだいで相続税の金額も変わります。土地の評価は10人の税理士がいれば10通りの評価があると言われるくらい複雑なものです。相続税を払いすぎることのないよう、土地の評価を適切に行うことが重要です。

③経験と知識が豊富な相続専門税理士に相談する
特例適用の判断や土地の評価は専門性が高く、非常に複雑です。もし全て自分で実行しようとすれば、膨大な手間と時間がかかりますし、誤った判断をする可能性があります。
たとえ税理士であっても評価方法や精度にはバラつきがあるため、依頼する税理士を吟味することも重要です。そのため、相続税を削減するためには、経験と知識が豊富な「相続専門」の税理士に相談することがポイントです。

経験豊富な相続専門税理士にシミュレーションを依頼するメリット​

相続税の計算方法は国税庁のWEBサイトでも公開されています。しかし、一般の方にわかりやすく書かれているとは言い難く、内容を理解して正しく計算するのはひと苦労。計算方法を間違える恐れもあります。また、WEBサイト上の情報を元に相続税を算出すると、特例の適用や不動産の評価までは反映できません。

その点、弊社「税理士法人ともに」のシミュレーションを利用していただければ、とても簡単に、正確な金額に近い相続税の概算を知ることができます。
「税理士法人ともに」は、開業してわずか2年で250件もの相続案件の依頼をお受けしている「相続専門」の税理士事務所です。
経験が豊富な相続専門税理士があなたの代わりにシミュレーションを行いますので、ご自身の負担を減らした上で、適切な相続税の金額を把握できます。

相続税を節税するポイントが分かる漫画を無料でプレゼント

シミュレーションをお申込みいただいた方に、相続税の手続きに役立つ漫画のPDFを無料でプレゼントします!

漫画の内容を一部紹介すると・・・

この様な内容を漫画でわかりやすく解説します。

2ステップで完了!簡単相続税シミュレーション​

早速、下のシミュレーションフォームに入力をして相続税の概算を受け取りましょう。

STEP① 
法定相続人の人数

配偶者の有無必須 ありなし

※内縁関係の妻/夫を除きます。

子供の人数必須

※養子も法定相続人とすることができます。ただし、実子がいる場合には養子は1人まで、実子がいない場合は養子2人までが法定相続人としてカウントできます。

STEP② 
財産の合計額

合計額必須

  • 預貯金
  • 有価証券
  • 不動産
  • その他
  • 借入金

受け取り先の情報をご入力下さい

お名前必須
メールアドレス必須

フォームを送信していただいた後に、相続専門税理士からご連絡をし、相続税の概算シミュレーションをお伝えします。

個人情報取り扱いについては、当法人の個人情報保護方針をご参照下さい。

2営業日経過しても返事が届かない場合は、お手数ですが再度お問い合わせください。