新宿、銀座、小田原の
相続税専門税理士

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

カテゴリー一覧 相続税

小規模宅地等の特例を使った相続税の減額事例と計算方法を解説

適用できると対象の土地の税金を80%減額できる小規模宅地等の特例。該当する土地の種別は4種類。土地種類ごとに減額割合は異なります。この記事では土地種類と相続人の人数・状況によって変わる控除額を、各ケースごとに事例を挙げて計算方法を解説します。また土地用途が複数種類にまたがる場合は別の計算式が適用されます。土地種別が複数の場合の計算事例も紹介しています。小規模宅地等の特例による減額の計算事例を理解したい方は、ご一読ください。

46

タワマン節税の仕組み・メリット・デメリットを相続専門税理士が解説

タワーマンションを購入して節税する仕組みを相続専門税理士が解説。
タワマン節税は不動産評価額の違いを活用するものです。安易に飛びつくとリスクがあり、全面的におすすめできる節税方法ではないです。しかし全く効果がないとも言えません。タワマン節税のメリット・デメリット・リスクを解説するので参考にしてください。

72

小規模宅地の特例適用で必要な添付書類と手続きのまとめ

相続税が80%減額できる「小規模宅地等の特例」の手続きで必要になる書類と手続き方法をまとめました。順番に各書類の詳細と手続方法を解説します。特例を適用するときのガイドとしてご活用ください。ダウンロード可能なPDF形式の必要書類チェックリストもご用意しました。

407

小規模宅地等の特例は老人ホーム入居でも使える|相続専門税理士法人が解説

小規模宅地等の特例を、被相続人が老人ホームに転居した後の自宅に適用するためのポイントを解説しました。大事なことは、転居後の自宅の使い方と転居先の老人ホームのタイプおよび要介護認定・要支援認定の有無です。記事内でわかりやすく解説しています。

145

【第5回】中小企業の事業承継・株式引継ぎと事業承継税制(1)特例措置

中小企業の事業承継の大きな課題、自社株式の引き継ぎを進めるためには多くの資金を必要とします。しかし資金不足が原因で承継がうまくいかず廃業するケースもありました。こうした望ましくない状況を打開するために始まった贈与税・相続税の納税猶予及び免除の特例」通称「事業承継税制」を解説します。

247
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content